« 八王子産牛乳を使ったキャラメル | トップページ | プラレールとこどもの成長 »

今年の牛乳は、うすい

090820_18450001b_2

最近、牛乳は生協で買っているのですが、久々にスーパーで牛乳を買おうと思ったら、スーパーに並んでいる牛乳、気がついたらみんな成分調整牛乳になっているんですね。ぎょっとしました。

加工してある牛乳、私はあまり好きではありません。
特に薄いやつ(低脂肪乳や成分調整牛乳)。うっかり飲むと、その日1日がブルーになる、というほど嫌いです。

とはいえ、これまで売り場で一番でかい顔をしている牛乳は成分無調整の普通の牛乳でしたから、間違って買う、ということはまずありませんでした。だいたい、棚の2段目に、肩身が狭そうに「うち、ちょっと薄めですねん」という感じでちんまり並んでいるのが加工乳、と相場が決まっていたように思います。

ところが先日、牛乳を買おうと、一番数多く近所のスーパーの牛乳売り場が、薄い牛乳ばかりになっていることに気がついたのです。

論より証拠。これが牛乳売り場、ですが……

Milk1

今まではずらりと並んでいた成分無調整の「フツーの」牛乳、いまでは赤で囲っただけになってしまいました。

Milk2
 

多数派が成分調整乳や低脂肪乳など、加工された牛乳になっているのがよくわかりますよね。フツーの牛乳、ものすごく肩身が狭そう。

このチェーンの場合、PBが成分調整乳になったことが影響して極端に成分無調整の牛乳が減っているようですが、大手の系列のチェーンを見たところ、どこも成分調整乳や低脂肪乳が圧倒的に増えているようです。

調べてみると、なるほど、牛乳価格の上昇に不況が追い打ちをかけて、安い成分調整牛乳が人気なんですね。酪農家の悲鳴も聞こえてきます。

無調整牛乳の需要減退 成分調整牛乳が急増 全国農業新聞(2009.5.29付)

牛乳の消費は、景気低迷や飲用乳価の引き上げにより、無調整牛乳の需要は減退、代わりに価格の安い成分調整牛乳が増加し、牛乳類市場の2割近くまでシェアを拡大している。

バター余って困った 不足騒動から一転… 朝日新聞北海道版(2009.8.18付)

……需要低迷に加え、牛乳の値上げで低価格の成分調整牛乳の生産が増え、バターの在庫増に拍車をかけた。成分調整牛乳は生乳から乳脂肪分を抜いて作るため、余った乳脂肪分はバター生産に回さざるを得ないという。

……格安な製品に目が向くのは飲用乳も同じ。今春、値上がりした牛乳は消費が伸びず、6月の生産量は10%近い減。メーカーが販売に力を入れるのが成分調整牛乳という。

 日本酪農乳業協会によると、牛乳は1リットルパックで180円程度だが、成分調整牛乳は165円程度。道内のスーパーでは150円前後で売られる事例も目立つ。6月の成分調整牛乳の生産量は前年同月の2倍近くに増えた。(以下略)

ちなみに、ドラッグストアの生鮮販売コーナーやコンビニでは、フツーの牛乳がまだまだ主流です。スーパーの流れは波及していないのですね。コンビニは品数を増やせないことが、またドラッグストの場合は中小の乳業メーカーから仕入れているからではないか、というのは私の根拠のない推測です。

それにしても、これだけ成分調整牛乳が売れる、というのは、世間一般に牛乳は薄い方が好まれるのでしょうか。10~20円安いんだったら、この薄さも我慢できる? まさかとは思うけど、実は皆さん気がついていない? ちょっと知りたいところです。

関係ないですが、乳製品の言葉の定義、難しいです。成分調整牛乳と低脂肪乳の違いって何? と思って調べたら、かなり厳密に決まっていました。次のリンクが非常に詳しかったです。

加工乳と成分無調整牛乳の違いは?加工乳の方が安いのはなぜなんでしょう? yahoo! 質問箱

しばらく続いたキャラメル・ミルクシリーズも今日でおしまいです。さて、引き続き更新し続けることができるでしょうか?

|

« 八王子産牛乳を使ったキャラメル | トップページ | プラレールとこどもの成長 »

Notes」カテゴリの記事

コメント

>ぼの さま

ヘルシーだから、と選んでいるかたもいらっしゃるんですね。なるほど。

投稿: ケンパ | 2010年2月28日 (日) 12:24

低脂肪でヘルシーなので好んで飲んでいます

投稿: ぼの | 2010年2月28日 (日) 12:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3198/45968243

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の牛乳は、うすい:

« 八王子産牛乳を使ったキャラメル | トップページ | プラレールとこどもの成長 »