« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月

結婚1周年

結婚から今日で1年。
相方とは、ズーッと一緒にいるような気もする一方、結婚式はついこの間のような気がしていて、1年経ったのが全く信じられない。

昨日は、式を挙げた表参道のレストラン、ベニーレ・ベニーレにディナー。

雨が心配だったけど気持ち良さそう、と座ったテラス席からふと店内を見ると、そこには式で本当にお世話になったプロデューサーさんが! この担当さん、一見頼りなさそうに見える方なんだけど、プラニングを一から相談にのってくれた。和装で人前式の式なんだけど……とか、式の引き出物に本を……とか、こちらのアイディアをどんどん形にしてくれて、いい式にしてくれた恩人なのだ。たまたま会ったとはいえ、いろいろと感謝を伝えたりできて、本当に良かった。

ちなみにこの日、僕たちの式の後で東京に大きな地震があった。式に出てくださった皆さんもずいぶん帰りの足に困ったみたいだけど、なにより次の式はどうなっていたんだろう、僕たちはずーっとそれを心配してたんだ。ついでにプロデューサーさんに聞いてみたところ、式を1時間遅れにしたものの、始まった時点で3分の2くらいしか集まれなかったとか……。大変だったんだなぁ。

ベニーレには来年もまた、と言いたいところだけど、赤ちゃんを連れて、は無理だろうなぁ。

というわけで、まず相方にありがとう。1年間支えてくださった周りの皆さんにも、この場を借りてお礼申し上げます。これからもよろしく。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生徒の成長を見守る

定例の読書会。
毎回、参加申込みに対して実際の参加者数が3分の2というルーズさにはあきれるものの、今回も6人が参加して、すっかり定着してきた。

今回のテキストは星新一の『ブランコのむこうで』(新潮文庫、改版)。ショートショートの印象が強い星新一だけど、この作品は長編。といっても、夢の世界に入ってしまった主人公が次々と別の人の夢の中を渡り歩く、という設定なので、一本一本がちょっとしたショートショートのようになっている感じもある。

今回の司会は、正直に言って普段は全然目立たないタイプの子。司会をしてメンバーを引っ張っていけるのか難しいのではないか、彼が司会を名乗り出たときは、正直心配だった。でも、2回の司会養成をとても熱心に受けていたし、テキストも十分に読みこなしてきたようだ。彼なりにテキストの主題を読み解いて、そこにたどり着けるように質問を構成してきてあった。

いままで、本を題材にいろいろな話をしてみる会というところに踏みとどまっていた読書会が、一歩成長。これを経験した他のメンバーも、次のいい手本を見ることができたんじゃないかな。

次回は9月。今まで、この読書会は図書委員と図書館の常連のみで開いてきた。9月の読書会は、初めて一般にメンバーを募集する。そのためにはきちんと段取りもつけなくてはならない。今回、その段取りはこちらで指示をつくってしまったが、読書会の司会と同様、少しずつ生徒の手に任せていけるようにしていきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

終業式需要

例年、期末考査が終わった翌日に図書館通信を発行する。
たいていどこかで週末が入るので、その週明けにもう1回。終業式の日に、長期休業の開館日案内をかねて、ダメ押しでもう一回通信を発行する。

ふだん、図書館に来館しない生徒にも、休み前に本でもどう?とアピールするのが目的なのはいうまでもない。

ところが、今年は通信を試験開けと終業式の2回しか発行できなかった。しかも、資料の紹介がほとんど掲載できなかった……。
結果、休み前の利用は全然伸びなかった。試験開けの通信発行日に60冊、終業式で通信を発行した今日が110冊弱。他は30前後で停滞。来館者もあまり広がりがなくて、今年は完全に失敗。
梅雨に弱いとはいえ、例年6月くらいになると必ず自分自身が失速。仕事が滞りがちになるし、それが新たな利用拡大のチャンスになるはずの夏休み前に大きく響いているのは分かっているけど、今年も悪夢ふたたび...orz

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この夏、あなたもガラナ体験はいかが?

ケータイを買った話を機種名ともども書いたらアクセス数が一気に5倍になったブログ、「よろこびのうた」はこちらでございます。そんなにケータイって関心高いんだ、と思いつつ、ケータイの記事はほとんどないです(断言)。すんません。

さて、友人の路地裏ねこさん(以下ロヂネコさん)のブログで、仙台でもキリンガラナを自販機で売ってるよとの情報が掲載されてました(ありがとうね!)。

mixiのコミュにも、仙台ではときどき売られてるよ、書き込みがあったけど、ウラが取れた感じ。本当にそうなのか。郡山に住んでいた頃、仙台に住むのにあこがれたけど、うーん、15年ぶりくらいに仙台に住みたくなったかも。うらやましい。

ここまで読んで、東京圏ではどうなんだ、とお思いの皆さんのために東京圏情報。

  • 有楽町のどさんこプラザでも入手可能
    これもロヂネコさんのブログに書いてある。
  • 昭和の香り漂う喫茶室ルノアールで瓶入りのガラナを出してくれる
    何回か、急場のしのぐために行ったなぁ。
  • Guaranaが飲みたいというサイトに、各地で入手するための情報がまとめられてる
    ただ、もう1年近く更新が止まっているけど……。

もし、ガラナを飲んでみたいと思った非北海道人の皆さん、この夏はガラナデビューしてみませんか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイ更新

2年間使ってきたケータイを買い換えた。

ケータイ更新

前のも普段使いでは十分。っていうより気に入っていたんだよねぇ。でも、ここのところmixiだのブログだので写真を送ることが増えたら、あっという間にパケ死するはめに。

ケータイ更新

そんなわけで、買い換えたのはWIN。4年前に買ったカシオのケータイの使い勝手がよくて、それに慣れたら他のを触っても微妙…。でもカシオの最新のW42CAがおサイフケータイじゃなかったのにガッカリして、買ったのはW41CAでした。

で、はれてダブル定額。写真の投稿、増やしますよ〜

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏のご飯の友、だし

夏になると食欲が落ちるときに食べるご飯の友がある。

Dashi_3

その名は「だし」。だしといってもかつおぶしとかこんぶではなくて、料理の名前が「だし」らしい。

きゅうりとかなすみたいな夏野菜をみじん切りにして、納豆とかオクラとかこんぶのような粘りのあるものであえる、という単純な料理だ。ちなみに、今日はモロヘイヤで作ってみました。青臭さもなくて、いけますぜ。

これがご飯にあうし、豆腐にかけてもいいし、冷蔵庫で冷やしておけば2~3日は持つし、便利~。

詳しいレシピは↓の通り。一度お試しあれ!
http://www.f-asano.co.jp/resipi/resipi.html
http://www01.dewa.or.jp/~emisky/yamagata/food.htm
http://www6.shizuokanet.ne.jp/usr/shoriye/home/read/Cooking/cookbook2.html

ところで、この「だし」のレシピをいくつか当たってみると必ずのように現れるキーワード、納豆こんぶ。

気になる。

続きを読む "夏のご飯の友、だし"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

念のため、おしらせ

    毎日更新が始まったと思ったら突然1ヶ月くらいアップしなくなる不安定な「よろこびのうた」へようこそ。

    ここのところ、管理人は現実逃避のためブログモードなのですが、肝心のココログは不調です。更新がままなりません。

    しかも、2日間にわたるメンテナンスが行われるとのことで、11日から13日まではアップができません。今までの経験からして、たぶん今週いっぱいはアップできないものと思われます(ココログのメンテナンス情報は当てにならないもんね)。

   

        ココログメンテナンス日時決定(7/11 14:00-7/13 14:00)    

   

        日頃よりココログをご利用いただき誠にありがとうございます。    

   

        2006年7月11日から実施されるココログメンテナンスの日時について下記の通り決定しました。メンテナンスの概要もあわせましてご案内させていただきます。    

   

        ========================================================
         詳細情報
        ========================================================
        ◇メンテナンス日時
        2006年7月11日(火)14:00~7月13日(木)14:00の約48時間    

   

        ◇ご利用いただけなくなるサービス
        ・ココログベーシック・プラス・プロ
            -管理画面へのアクセス
            -管理画面上の各種操作(記事投稿など)※1
            -トラックバック/コメントの受けつけ
            -モブログからの投稿
            -ココログの新規登録/解除
            -ココログ出版
            -ココログデザイン
            -公開日時指定機能 ※2    

    とりあえず、そのメンテが終わったときにブログモードである自信はなく、もしかしたらまたしばらく休止してるかもです。たぶん、夏休み頃には復活していると思うので、RSSリーダに登録するなどして気長に待ってくださいまし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラナ大人買い

やっちまった。ガラナ大人買い……。

なぜか北海道以外ではウケず、でしか飲めない謎の飲み物、ガラナエール(詳しくはGuarana Japan)。

10年前にたまたまバイトの現場(鶴見の潮田だったような)で見つけてハマってしまった。その後何度も北海道に旅行したのはガラナとサッポロ・クラシックが飲みたくてと言っても過言ではない(嘘)。

mixiのガラナ飲みたいコミュを見て、通販でけっこう扱われている、とは知っていた。で、先週、暑い日にボーッと涼を求めて検索しているうちに、Yahoo! ショッピングでこれを見つけて、買ってしまった。

500ml×24本、3,384円+送料525円。
1本あたり、約163円。

……まあいいや。

さっそく、届け先に指定してあった職場の冷蔵庫で冷やして、飲む。コーラに近いけど、もうちょっとコクがある。ドクターペッパーほど薬くさくない(ドクターペッパーは僕も飲めない)。強いてたとえるなら、サイダーにバニラエッセンスをちょっと加えた感じ、というのが一番近い気がする。

うーん、これだ!

ちなみに、北海道ではこのキリンガラナとローカルブランドのコアップガラナがメジャーブランドらしい。コアップガラナはちょっと甘過ぎるので、僕はキリンガラナがベスト。これだけたくさんあるので、レモンで割って飲んでみたい。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

看板やさん

期末試験最終日。

ズーッと作りたいと思ってきた図書館の看板作り。夏休みには別のことがしたいという思いもあり、昨日から着手している。

今回の素材はベースがデコパネ(って商品名だったのか!)。その上からカッティングシートで文字を作り貼り付ける、という形だ。学図研の会員の間ではデコパネの上からデコパネで切ったものを貼り付けるのが主流な気がするけど、カッティングシートは加工が容易だし、何より安いのが吉。


看板をつくる

PCで型紙に文字を印刷し、カッティングシートを型紙もろとも文字の形に切り取って...


看板をつくる

並べて...


看板をつくる

貼り付ける。

文字数が多いのと文字のサイズが大きかった(450ptをさらにB5→A3で拡大)ので、今回はテストが終わったばかりの生徒さん(委員ではないボランティア中心)が大活躍。いや、このノウハウがすべて委員会内に蓄積されないのは悔しいなぁ。
取り付けは月曜日の予定。完成写真はそのときに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再会、いや再開か?

    大学の同級生で、一昨年から連絡が取れなくなった奴がいた。

    引っ越した住所を知らなかった上に普通のメールは届かず、携帯に電話したら全然違う人が出てきた。おかげで結婚式にも呼べなかった。

    ところが、先日なんの気なしにgoogleに彼の名前をいれて検索したら彼のHPが出てきた。長い間いじらずにそのままになっているような、古き良き時代の雰囲気のHPだ。当たり前のように本名もメアドも大きく書いてある(あぁ、なんていい時代だったんだろう)。そこに書かれていたアドレスこそ、届かなくなっていた普通のメールアドレスだ。

    そのHPのURLは某大手プロバイダのもの。まさか、と思いメールを送ってみたら、20分もしないで返事が返ってきた。

    ...いままで連絡が取れなかったのって、なぜ? 何回もメール出したのに全部 MAILER-DAEMON に返され続けたんだぜ! (もしやと思って手元のアドレス帳を確認したけど、アドレス帳は間違ってなかった。)

    ネット社会で「消える」のって簡単だよな。とりあえず、接点は再開。早く、リアルに再会して、リアルな接点をつなぎ直したい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

原因はあなただ!

人事評価の管理職面接があった。

あらかじめ出してあった今年度の目標と方策について「お話し合い」をするのだ。こういう人事評価って生産部門以外の人間にとっては全般的に言葉遊びなわけで、こんなもんの出来不出来で評価が定まっちゃうのもどうかと思う。

まあ、そこまではどうでもいい。

ムッとしたのは面接の最後に、対人態度を直すといっそう良いというありがたい「ご指導」までいただいたこと。今後改善していきたいと思いますとは答えたが、「ご指導」いただいた対人態度がふと出てしまうのは、ほとんどが先の発言の主から繰り出される図書館に対し無理解な(しかも往々にして保身的で感情的な)仕事へのクレームに対するときというのが何とも皮肉なのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ケータイで5000字入力

最近、生徒さんたちから「小説書いたからメールで送るね~」と声をかけられることがある。その送信元が大抵ケータイのアドレスなのでまさかと思って聞いてみると、どうも手書きでもPCでもなく、ケータイで「執筆」しているようなのだ。

「だから時々、メールで打ってると字数が足らなくて…」って、そういう問題じゃないと思う。

聞けば「いつでも書けるから(でも手書きは面倒)」とか「自由に使えるPCがない」とかいう子もいるけど、中には「PCよりケータイの方が打ちやすい」って子もいる。

オッサンからすると、原付で首都高を走る、みたいに聞こえるんだけどなぁ…。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

迂回もようやく終わり、かな

転勤以来1年半、黒目川のサイクリングロードを快適に自転車通勤している中、ずーっとじゃまくさいと思ってきたものがある。

迂回もそろそろ終わりか?←このバリケード

このバリケードがあるおかげで、ここからしばらくの区間、右岸から左岸に橋を渡らなくてはならなかったのだ。時間にして30秒くらいのロスに過ぎないのだけど、人と自転車が狭い左岸側に集中するし、橋を渡ってきた人とまっすぐ進みたい人との交差交通もあって、あんまり良い状況じゃなかった。

長く、都営住宅建設のために自転車道を封鎖してきた、ということのようだけど、都営住宅の工事は昨年度末でもう終わってる。どうなってるんじゃい! ……と思っていたら、少しずつ、再開通の準備が進められてきたみたい。

ほんの数日前まで、バリケードの向こう側は数年間手入れしてこなかったであろうアジサイの枝が自転車道を完全にふさぎ、白線も当然消え、舗装の隙間から雑草が生い茂る、という惨状だった。

工事迂回もいよいよ終了。快適な通勤が待っている(30秒くらい)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »