« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

パブロフの牛丼

つまらない仕事で10時まで残業。 仕事の途中で、無性に牛丼が食べたくなった。

BSE騒動以来、すっかり食べなくなった牛丼。あのツユダクの味の染みたご飯、牛肉のそそる香り……。そんなわけ、松屋に寄る。

165449685_50

......。

うまく、ない。

というか、ガキの使いの“オバチャン“そっくりなおばちゃんが持ってきた牛飯ははっきり言って、まずい。

肉がパサパサしてるし、ダシが出切って出がらしになったような味しかしない。オバチャンに吸われたか、醤油とかの香りも一切ない。ヤマヨシのワサビーフのほうがよっぽど牛肉らしい。

牛丼って、こんな食べ物だったっけ...orz
なんか、もっと肉とタレとが渾然一体となったハーモニーを奏でていなかったっけ? もっと肉がジューシーじゃなかったっけ? これなら豚丼の方がずーーーーーっとうまいぞ!

一人、松屋のカウンターでKO負け。

にしても、これって豪州産牛肉だから?
米国産牛肉がまた売られるようになっても買うわけないじゃん、とか今日までズーッと言ってたけど、いや、やっぱ安くてうまかったら買っちゃうだろうなぁ。一貫性ないけど。

家に帰ってこのエントリーを書きながら、なんで無性に牛丼が食べたくなったのか気がついた。独身時代、残業で帰宅が9時を過ぎると、メンドくさいからほぼ無条件で夕飯が吉牛だったんだ。

ん、条件反射?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国土地理院のサイトが面白い! (1)

相方のお迎え以外、ほぼ家にこもった土日でした。

本を読んで、mixiと通販サイトを見て、サッカー見て。ほぼニート。

それはそうと、久々に訪れた国土地理院のHP(ウォッちず・地図閲覧サービス)に、立体視システムが追加されていた。コピーライトを見ると、2005ってなってるから、もう去年から始まっていたらしい。

こういうのって、一般的には山地の方が面白いのかもしれないけど、自分としては身近な起伏を実感できるのが興味深い。

たとえば、トトロの住む(?!)北山公園から八国山にかけての画像がこれ。花菖蒲が有名になってきているけど、もともとは八国山と南側の丘(水に恵まれないのか、畑地になってる)に挟まれた貴重な水田だったことが、立体画像を通してよりいっそうよく分かる。

さらに、普段、自転車に乗っていても感じられない微妙な起伏に気づかされるのもありがたい。例えば、この立体図では北山公園から南西方向(地図上の「野口町3丁目」の野口の字の方角)に谷筋があることもはっきり分かる。いままでその方向から自宅に帰るときになんとなくスピードに乗れないと思っていた理由がようやくこれで判明(なんだかなあ)。自転車乗りとしては、けっこう活用しがいがあるような気もする。

何気なく公開されているけど、立体的に見せるためには等高線以外の描画を微妙にずらしているはずで、気が遠くなるような作業が裏に隠れている、ハズ。つくづく、地図を作る人たちに敬服、であります。

で、もう一つ、これはもうちょっと前から始まっているけど面白いものがあるのだけど、それはまた後日。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラーメンらの字

研究会の仕事があって、家で仕事(きりがない)。編集作業は作業そのものよりも原稿集めが一番面倒。連絡のためのメモ作成が中心で、作業そのものは結局たいして進まない(路地裏ネコさん、狭山市博、行けなかった……残念。ってかゴメン)。

お昼に、気になってたラーメン屋へ。東大和の「らの字」という店だ。

東大和の中央通りに面している店。つけめんがウリのようだったので、とんこつのつけめんを頼む(ほかにカツオのつけめんもある)。

出てきたつけめんは、ちょっと見た目が凝ってる。付け汁は表面に2~3ミリはあろうかという油の層に臭みのないトンコツタレ。さらに、酢の酸味が効いている。僕自身は普段、とんこつのラーメンには酢をたっぷりとかけるので、この味はちょっとうれしいが、好みは分かれそう。

やや太めの縮れ麺にはゆでたもやしなどの野菜があえてあり、麺の周りにネギやメンマ、チャーシューとニラみそが盛ってある。麺自体がおいしく、付け汁ともよく合う。

700円。

絶望的なほど道路整備がされていない東村山と違って、隣町の東大和は都市計画道路がわりと整備されている。道の整備されたところにできた街、という雰囲気と都心からの距離(=開発の時期)との感じが相まってか、何となく町並みが相模原っぽくて懐かしい。

郊外型のまち、といってしまえばそれまでだけど、ニュータウンと名の付く町や団地の町とは決定的に違うし所沢とも違う。埼玉県内の16号線沿線の街とも違う(春日部は似てなくもないか)。その感じが何なのか、なんだかモヤモヤとしたイメージしかなくて、きちんと説明しきれないあたりが悔しいけど。

そういえば、東大和には昔、相模原の巨大ディスカウントストア、アイワールドがあったような(調べたら、数年前に撤退してて、跡地か空き店舗かににニトリが入ってた)。アイワールドが似た空気を東大和に醸し出していたのか? それとも、アイワールドが相模原に似た街を探して出店したのか? そのあたりは謎。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »